全日本CX王者沢田時選手へお届けした話

ある日ですね、晩ご飯食べてうとうとしてたわけですよ。
そうすると、なんかついったの通知がちろりん♪と鳴って
ほんでつらつらと眺めていると

時さん!

エーヤさん!

あのですね
オリンピアンから全日本チャンプをご紹介いただけるとか、まあ普通ありえんので、、

私はもう一生タイヤはブリヂストンにします

今回の場合は、実はこの時点でだいたいのデザイソはすでに頭の中に浮かんでいたんですよね。まあそういうものなんです。

ずっと選手を見てるとその方のイメージができてくるわけです、それでそこであらためて戦績とか確認して、ああ、この人はこういう経験をしてきてるんだなあとか、そうか、このときは大変だったよなあ、などと思い返しつつ「その人がかっこいいと思う自分」の「もうちょっと上」を思い描いてきちんと作っていく、そういうやり方をしています。

だいたい、これで大きく外すことはほとんどなくて、沢田選手もデザイン第一案を気に入ってくださってアイデアも聞かせてくださって、かっこいいのができました。

英也さんみたいなデザイソ、というオーダーでしたので日の丸にチャンピオソラインを組み合わせました。日いづる国の泥の王者をよく表せたと思います。

デザイソというのは、必ずそこになんでそれがあるのか、がきちんと意味があります。ちょっと置いてみましたとか、なんとなくてきとうです、ってのはあまり好きではありません。

うまいか下手かでいうと自分はまだまだで修行中ですが、いっこだけ、丁寧というのが大切だと思っていて、そこをいかに考えなしのテキトーに見せるかがデザイナーとしては一周回ってかっこいいんです。なお自分の暮らしは丁寧ではなくテキトーです。

沢田選手のデザインは次のように見ていただけると面白いかと思います。

2012年から継続でブリヂストンにいらっしゃるのでイメージカラーはもう白黒赤と決まっていました。チェイスユアドリーム!

日の丸は、横に比べて上側には少し余白を増やしています。まだ上があります、という意味です。

泥のハネは日の丸を汚さないように、かつ両脇へ飛ばしました。これは、全部自分で描いています。

「泥々上等」は最初無地だったのですが、全日本選手権をフィニッシュしたときの沢田選手の表情がすごくよかったので少し泥を付けておきました。

このようにして、V型に拓けた汚れなき純白の道を日の丸とともにさらに上へ駆け上がる泥の王者、というストーリーが都こんぶぐらいの小さなシールの中に展開されるわけです。

こんにちは、都こんぶです

 

まあデザイソというのは正解はなくて、いいものとだめなものの境目もないんですが、こういった物語をどれだけ込められるかはとても大切な作業だと思っています。

そして大切なことをもうひとつ。経験上、速い選手はもれなくデザインに対してもはっきり、こういうものが欲しい、これはだめ、これはよい、とマッハでお返事が返ってきます。

そのたびに、なるほどこういうモノを見る目というか、自分の目指すものの具体像をお持ちなんだなあと感じ入るのです。

沢田選手はその中でひときわ、その言葉や書いた文章が非常に賢く緻密で、さすがこういう人が全日本を獲るんだなあ、そらーこれならあれだけの成果が出るよなあ、と折りに触れ感じます。

そのような素晴らしく繊細な解像度を持った方から気に入っていただける成果品を仕上げることができたのは光栄に他なりません。

何度も言いますが、全日本王者は一人だけなので、王者にシールをお届けできるシール屋も一人だけ。機会をくださった沢田選手には感謝を申し上げます。ご紹介いただいた橋本英也選手にも超感謝。いつもご活躍をとても楽しみにしています。エーヤさんのシールにもすごいたくさんストーリー盛り込んであるんですよね。いずれまたネタにしたいと思います。

#サワダトキチャンネル #ハシモトエイヤチャンネル

広島トレーニングレースのお話

広島トレーニング・ロード・レース 2020 2nd へお供してきました。

このレースは広島中央森林公園コース12.3kmを13周、159.9kmを全カテゴリ混走で途中足切りなし、お時間の許す限りコンビニ休憩なしでトレーニングできるお得なレースとなっております。開催してくださった広島県車連さま、本当にありがとうございます。大会情報はこちら”広島県自転車競技連盟”

参加の川上選手には、来年の全日本選手権を想定した4時間を超える長丁場でしっかり最後まで走り切る、という指示を与えました。

以下、レースレポートのようなもの

前日に現地入り、HighAmbition2020.jpのジャージで試走して機材のチェック。トレーニングなのでホイールはカーボンでなくアルミをチョイス。

紅葉の美しい広島中央森林公園は夕暮れを迎え、コースの準備は整っている。

これまでのデータから男子エリートは1周を20分前後、女子は25分前後で展開されると予想。全13周およそ4時間半だが、女子はマイナス2周と推定した。よって序盤にはこのペースをオーバーしないこと、レース中も飲んで食べること、疲れても安全に完走すること、そのうえでひとつでも上の順位をリザルトに残すことを目標とした。

10月のしゅうなんクリテリウムで落車してコンディションは十分ではないが、その反省も踏まえ今季最終レースで結果を残すことが必須。

当日、早朝よりコースへ。気温は低いものの天候は快晴。腕も足もカバーをかけたいところではあるが終盤暑くなるのでウインドジャケットで1周目をしのぎ、フィードゾーンで回収することにした。

スタートラインアップに向かう。スタート1分前までマスク着用が義務付けられている。

身につけるのは徳島県の新しい代表ユニホーム。その者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。遠くからでもよく見えるデザインとなっています。

ローリングスタートでレース開始。1周目、前回優勝の川本選手と松山聖陵の平林選手が23分で戻ってくる。

さすがにこれは予定通り見送りとして、川上は25分台をキープ。体が温まったためジャケットを捨てる。

2周目、3周目ともに女子先頭の2名のペースは速く、タイムギャップは2分以上まで開いていく。川上は一人旅になるが、メーターに表示される出力を見ながらペースを崩さない。だいぶん開いたなあと思いながらんーと1分、、20秒!とサバを読んで伝えておく。

5周目、先頭2名のペースが目に見えて落ち、タイムギャップはここで一気に1分を切る。次の周回でわいのゆうたとおり先頭にジョインできる見込みとなり、予想通り6周目は男子を含む5名のグループでホームへ戻って、ここから補給を開始する。

この時点でトップチューブに貼りつけてあったジェルの類はすべてなくなっていて、うまく食べれてもいるようなので一安心。レースも安定している。

全体では松山工業高の村上選手が積極的に展開、スプリント賞を果敢に狙いにゆく。

弊社サポート選手の梅沢幹太選手(松山工業高)も最後まで前で動き、敢闘賞を獲得。

その後、女子はこの3名で周回を重ね、そのうち男子のトップが打鐘を受ける(もちろんこの間には動きがいろいろある)。広島のホームストレートは最終コーナーの上りがブラインドとなっており、最終局面では随行車両がトップグループを護衛するがごとく取り囲みヘッドライトを輝かせながら突如として現れるのが最高にかっこいい。

このホームストレートで最終の補給となる。次の通過はフィニッシュなので補給はない。川上はもう十分と判断したのか、補給は取らずフィニッシュに備えて余ったボトルを捨て最終周に向かう。

捨てられたボトルを回収して、ここでフィードゾーンのお仕事は終わり。クルマに荷物を放り込み施錠してフィニッシュ地点に徒歩で向かう。男子のフィニッシュを歩きながら横目で見届けてさらに歩き、フィニッシュラインの奥でカメラを手に場内アナウンスを聞く。

MCから最後の登坂を3名のままクリアしたとアナウンスがあって、レースもあと5分というところか。

残り500mでも動きなく集団スプリントになる模様。最終コーナーを立ち上がり残り300m、随行車両のヘッドライトとともに川上の青、聖陵の赤いユニホームがチェッカーの向こうに見える。

結果、2秒届かず優勝は松山聖陵高の平林選手。おめでとうございます。川上は2位でチェッカーを受ける。

距離135kmをコンビニなしで走りきった川上をねぎらっていると、マスクにサングラス、肩パットの入った黒いでかいおっさん達 監察してくれていたモトコミセールの皆さまにあっという間に取り囲まれ、まあ普通はこんなお声がけなんてめったに無いことなので感激、ありがとうございます。さすが女王様のお人柄といったところ。

終盤には男子でも足を攣ったり疲れ果てた様子の選手も多々見受けられ厳しいレースではありましたが、全国の頂点さらには国際舞台を狙っていくには少なくても4時間超を足をつくことなく走り切ることは条件となります。目指すなら、見合う努力を欠くことはできません。その意味で、このレースは最高です。

いずれにしても、男子エリートを含む全体で出走68名・完走55名のうち28位はひとまず上出来です。出力計から出されたデータはこれから分析になりますが、貴重な基礎資料となるでしょう。

アテンダントとしては当初に予定していた手順などはほぼうまくいったが、レースを通じていろいろ反省点も見つかり、これらを一つずつ技術的に解決していくことがこのオフの課題となりました。

今季は、川上選手はどこのチームにも所属していなかったためアテンダント・コーチを引き受けましたが来季は実業団チームに所属するためこのレースが最後のお仕事となりました。所属チームのスタッフの皆さまに託して、ご活躍を楽しみに見守る所存です。

弊社の今季レース帯同はもうありません。お仕事モードに入りますので、ご予算潤沢なチームの皆さまからのたくさんのシールご注文、お待ちしています!