全日本CX王者沢田時選手へお届けした話

ある日ですね、晩ご飯食べてうとうとしてたわけですよ。
そうすると、なんかついったの通知がちろりん♪と鳴って
ほんでつらつらと眺めていると

時さん!

エーヤさん!

あのですね
オリンピアンから全日本チャンプをご紹介いただけるとか、まあ普通ありえんので、、

私はもう一生タイヤはブリヂストンにします

今回の場合は、実はこの時点でだいたいのデザイソはすでに頭の中に浮かんでいたんですよね。まあそういうものなんです。

ずっと選手を見てるとその方のイメージができてくるわけです、それでそこであらためて戦績とか確認して、ああ、この人はこういう経験をしてきてるんだなあとか、そうか、このときは大変だったよなあ、などと思い返しつつ「その人がかっこいいと思う自分」の「もうちょっと上」を思い描いてきちんと作っていく、そういうやり方をしています。

だいたい、これで大きく外すことはほとんどなくて、沢田選手もデザイン第一案を気に入ってくださってアイデアも聞かせてくださって、かっこいいのができました。

英也さんみたいなデザイソ、というオーダーでしたので日の丸にチャンピオソラインを組み合わせました。日いづる国の泥の王者をよく表せたと思います。

デザイソというのは、必ずそこになんでそれがあるのか、がきちんと意味があります。ちょっと置いてみましたとか、なんとなくてきとうです、ってのはあまり好きではありません。

うまいか下手かでいうと自分はまだまだで修行中ですが、いっこだけ、丁寧というのが大切だと思っていて、そこをいかに考えなしのテキトーに見せるかがデザイナーとしては一周回ってかっこいいんです。なお自分の暮らしは丁寧ではなくテキトーです。

沢田選手のデザインは次のように見ていただけると面白いかと思います。

2012年から継続でブリヂストンにいらっしゃるのでイメージカラーはもう白黒赤と決まっていました。チェイスユアドリーム!

日の丸は、横に比べて上側には少し余白を増やしています。まだ上があります、という意味です。

泥のハネは日の丸を汚さないように、かつ両脇へ飛ばしました。これは、全部自分で描いています。

「泥々上等」は最初無地だったのですが、全日本選手権をフィニッシュしたときの沢田選手の表情がすごくよかったので少し泥を付けておきました。

このようにして、V型に拓けた汚れなき純白の道を日の丸とともにさらに上へ駆け上がる泥の王者、というストーリーが都こんぶぐらいの小さなシールの中に展開されるわけです。

こんにちは、都こんぶです

 

まあデザイソというのは正解はなくて、いいものとだめなものの境目もないんですが、こういった物語をどれだけ込められるかはとても大切な作業だと思っています。

そして大切なことをもうひとつ。経験上、速い選手はもれなくデザインに対してもはっきり、こういうものが欲しい、これはだめ、これはよい、とマッハでお返事が返ってきます。

そのたびに、なるほどこういうモノを見る目というか、自分の目指すものの具体像をお持ちなんだなあと感じ入るのです。

沢田選手はその中でひときわ、その言葉や書いた文章が非常に賢く緻密で、さすがこういう人が全日本を獲るんだなあ、そらーこれならあれだけの成果が出るよなあ、と折りに触れ感じます。

そのような素晴らしく繊細な解像度を持った方から気に入っていただける成果品を仕上げることができたのは光栄に他なりません。

何度も言いますが、全日本王者は一人だけなので、王者にシールをお届けできるシール屋も一人だけ。機会をくださった沢田選手には感謝を申し上げます。ご紹介いただいた橋本英也選手にも超感謝。いつもご活躍をとても楽しみにしています。エーヤさんのシールにもすごいたくさんストーリー盛り込んであるんですよね。いずれまたネタにしたいと思います。

#サワダトキチャンネル #ハシモトエイヤチャンネル

TIGER CYCLEさま、開店おめでとうございます

このたび、KINANサイクリングチームで辣腕を振るっておられた中山直樹メカが独立され、東京都文京区にTIGER CYCLEを開業される運びとなりました。

中山さんとは、2019年2月にKINANの春合宿にチームカーのシール貼替えにおうかがいしたときに初めてお目にかかり、プロのレース現場でのシールやそのほか表示について様々ご意見をいただきました。
その年の富士スピードウェイ全日本選手権で再びお話する機会に恵まれ、ふだん私達一般人がうかがい知ることのできないレースの裏側を拝見しました。

裏側です

私は2017年よりKINANサイクリングチームさまへシール類を納めさせていただいていて、年に数回ではありますが加藤GMさまから「現場よりこういったシールの要望が上がってきているのでよろしく(意訳)」というおたよりをお受け取りします。
この、現場の方が中山さんでした。レース現場で必要なシールの種類や形状を的確に指示されるたび、この方は一体どのような方なのだろうと思いつつ、前述のKINAN春合宿でのご挨拶となるわけです。

こわい人だったらどうしよう、と思いながら福光メディアオフィサーにご紹介いただいた中山さんは温厚な、それでいて仕事を黙々とこなすプロのメカニックを絵に描いたような方でした。まあ、そうでないとたぶん、プロの世界でメカニックとして選手の信頼は得られないのかもなと今は思いますが、とにかくかっこよかったです。
この合宿では選手皆さま、スタッフの方にも貴重な現場を経験させていただきました。あらためてお礼申し上げます。

手元にある貴重な中山さんのお写真

世間には、星の数ほどデザイナーがいて、シール製造者がいて、先駆者や第一人者と呼ばれる方々もたくさんいらっしゃいます。
そんな中、KINANの合宿所で中山さんが「シーズデザイソさんのデザイン、好きなんですよね」とおっしゃってくださったことは今でも辛い時の心の支えとなっているし、たぶん一生忘れないです。

その中山さんが開業されるにあたり、ロゴマークのご依頼がありました。
お店というのは自分の城であって、一生の仕事場です。そのロゴマークはお納めしたらもうずっとお店とともにあるものなので、その制作に自分を指名してくださることは超ウルトラ名誉なことと肝に銘じなければいけません。
しかもそのお店は中山さんのお店なのです。

考えてもみてください。
自分が中学生の頃から関わってきた自転車競技の世界で憧れの名門KINANのメカニックだった方が、ご自分のお店の看板に私の作品を掲げてくださる。自転車競技経験者のデザイナーが日本に何人いるのかわからないですが、これはまちがいなく最高到達点の一つと言えるでしょう。
ふだんのお仕事についてテキトーなわけでは決してありませんが、それでもこのたびのお仕事はやはり特別です。最高です。

お店のガラスや看板などのステッカーも含め、お手伝いさせていただきました。中山さんのご要望にお応えできたものと、今はほっとしています。

このTIGER CYCLEのロゴマーク制作過程はこれまた大変おもしろいものなんですが、いずれまた記事にできればと思います。

TIGER CYCLEは、このたびの新型コロナ騒動がなければ第89回全日本選手権ロードレースが開催されていたはずの2020年6月20日に東京都文京区にオープンです。お店のご繁盛を楽しみにしています。そして、いつかきっと自転車を買いに行こうと思います。

中山さん、お声がけいただき本当にありがとうございました!

タイガーサイクル

〒112-0012
東京都文京区大塚5-6-15 Yビル101
TEL:03-5981-9758